©2018 BiwaLabo.  by Kamebiwan.nara

サイトマップ

まずはお気軽にLINE@から

LINEの友達検索で@nnz1320k を検索して頂いても追加できます。

テーマは「QOLの向上」

  いまここから、

  楽しく生きる選択を

​  始めましょう。

 元納棺師のセラピストとして伝えたい事。

 それは、今を生きる。という事の大切さ。過去ではなく、未来でもなく『今』を生きる。

 沢山のお別れをみおくってきたからこそ、伝えたい想いがあります。

 身体の調子が悪くても、心が前を向けなくても、「いまここ」から、また違う選択をすることができる。

そして、それを選んで歩んでいくのはあなた自身です。

​ 人間や動物が持つ自然治癒力=自分自身の力を信じることから始めてみませんか?

 自分の体の中に眠っている治癒力を信じることができたら、自分自身をもっと好きになって、幸せの種をたくさん見つけ、植えて育てていく事ができると考えています。

 「いまここ」からそれぞれが、それぞれの道を♪

ヒトとペットのおてあて研究所

   びわらぼ の想い

 奈良県御所市、神々が降り立つ場所と言われている金剛山と葛城山の麓のおうちサロン『かめびわん』に併設したお手当研究所びわらぼ。

​ スタッフはオーナーと元保護猫のつるべ部長と、こびんさん、びんさんの3匹。

 私自身が長年子宮内膜症を患った後、子宮腺筋症になってしまい、ひと月のうち、予定を入れられるのがたったの1週間という生活を長い間送ってきていました。

 幼少のころから成人するまでは、自然療法と東洋医学で育てられたにも関わらず、母が亡くなってからは薬飲んどいたらいいわ。と病院にもいかず、薬を飲むことに抵抗がなくなっていて、症状が悪化してからの6~7年、ほぼ毎日のように鎮痛剤を飲み、生理期間は坐薬を入れて業務をこなし救急搬送されたことも。

 

 結果、仕事も辞めざるを得なくなりました。

 閉経を迎えるまでの我慢と、あきらめていたところ、あるメソッドに出会い、丹田に力が入り、あきらめずに向き合おう。そして、今、この瞬間から選択を変えていこうと思うことができました。

​ そして、導かれるように、びわの葉温熱療法に出会うことで、私の人生で置き去りにしていた自然治癒という言葉や、自然療法ということを思い出しながら、西洋医学と敵対したり、薬を悪者にしたりせずに、中庸を目指しながら、ごきげんなカラダにしていくという想いにたどり着きました。

 現在は、西洋医学と並行しながら、毎日、びわの葉温熱療法を自らにすることで、鎮痛剤はほぼ飲まずに1か月元気に予定をこなせていることが、何よりも嬉しいです。

 そして、16歳で亡くなったラブラドールのソウ君が15歳で歩けなくなった時に、試してみたのもビワ温灸。このおかげで歩けるようになり、亡くなる前日までお散歩を楽しみご飯も食べて、安らかに逝きました。

 自らの体験と、ペットへの体験もあり、びわの葉温熱療法を心より愛しています❤

 答えを一つに絞らずにあらゆる可能性に目を向けながら、目の前の命と向き合い、手をあてて心に寄り添う、そんなサロンでありたいという想いを込めて、ヒトとペットのためのおてあて研究所 びわらぼを立ち上げました。

​ 昔母に手を当ててもらった暖かいぬくもり、それだけで治ったような気がしたような安心感。そんな安心を届けられる場所でありたいです。

 
 
かめだ くみ

ヒトとペットのお手当研究所 

  びわらぼ​主宰

資格等

◆びわの葉温熱療法普及会認定 びわの葉温熱療法士

◆びわの葉温熱療法普及会認定 びわの葉温熱療法士指導員

◆老犬介護士

◆ペットセラピスト

◆美構造®フェイシャルインストラクター

◆美構造®開脚認定インストラクター

◆笑いヨガリーダー

◆アカシックリーディングリーダー

​◆開運未来流手相アドバイザー

​◆上級Webクリエイター  など

 
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now